女性の仕事を応援します♪

男性の労働総数は減少傾向にありますが、女性の労働総数はここ数年ずっと増加しています。夫婦共働きが珍しくなくなり、子育てをしながら仕事をする女性が増加したこともあるでしょう。婚姻や子育てのために退職するという女性は少なくありませんが、

しかし、一度仕事を辞めてしまうと、再び時間ができた時に再度働くことは意外と難しいようです。女性の仕事と家庭の両立が難しかった理由としては、自分の体力が持たなかったという回答が半数以上を占めています。

もしも女性にとって働きやすい状況を整えることができるならば、働く女性の数がぐっと増えて経済も活発になっていくことでしょう。企業をする年齢は、女性の場合は30代半ばが最も多いようです。男性の企業は55歳以上が多い傾向がありますが、女性の企業は年齢が上がるにつれ減っていきます。

新たな事業を興す女性は、育児に正面から取り組んでいるという人が多いようです。子どもは育てたい、仕事は続けたい、という悩みを抱えている人が多いことが特長です。もしも、失業中だけれど働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均化することが可能なら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。

スポンサードリンク

仕事と子育ての両立に向けて

今後の仕事と子育てをうまく両立するために、まずは産後の自分自身の身体を仕事再会に向けて十分に整えていかねばなりません。身体の様々な部分がもとに元に戻ろうとする時期である産後は、ずっと子育てをしていく母親にとってとても重要な時期ではないでしょうか。

産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえます。出産した直後は、出産までに蓄積された心身の疲労がなかなか完全には回復しないものです。

毎日の疲労感も寝不足も、自分自身の子育てに対する責任感や母性が忘れさせてくれるかもしれません。実際には、ホルモンバランスがまだまだ不安定であり、抵抗力も落ち気味です。育児は母乳でと必死になるあまり、仕事復帰後も搾乳器を使うことによって乳腺炎を引き起こすようなこともあります。

妊娠中から出産後のトラブルについての情報を集め、できる対策をとっておいた方が無難です。さらに何か問題が起きてしまったときには、決して一人で抱え込まにすぐに専門家の指示をあおいだ方が、仕事復帰への影響をあまり与えずにすむでしょう。子育てに対する不安もさることながら、まずはこうしてしっかり自分自身の身体を管理していきましょう。

母として子育てをするだけではなく、社会で女性として仕事をする姿は、多くのまわりの女性にとってもまぶしい姿ではないでしょうか。子育てそのものに従事する時間がそれほど多くなくても、仕事をする姿もまた格別の子育てでしょう。子供はその母親の姿をみて育っていくからです。

出産後の仕事と子育て

最近では育児休業中の1年間ぐらいは子育てに集中したいけれど仕事を再開しなければならないなど、女性が社会的役割を持つことが増えています。そしてたくさんの女性が、多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰しているのです。

そして子育てに要する将来的な経費に加えて、家計を助けるという理由から、できるだけ早く出産後に新たに仕事に就きたいと思っている女性も多くいます。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえます。

ワーキングマザーを目指すのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておく必要がありますし、様々な備えが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれません。そして女性の体は、出産後も妊娠中と同じように心身に様々な変化が起きるものです。

そのようなことから、産後のきちんとしたケアなしにはトラブルを引き起こすことがあるかもしれません。とくに産後約4〜6週間は子宮や骨盤の戻りは不十分であるといえます。産後のその期間に無理をしてしまうと、辛く思い更年期障害に後々悩むことになるかも知れないのです。

子供と一緒の時間が、仕事はせず子育てに専念する母親と比較して短いのは当たり前のことです。休日が病院まわりや療養に占められてしまっては、子供との時間を失うばかりです。出産まで築きあげてきた信頼や立場、せっかく得られた仕事を長く継続するためにも、最小限に子育てへの影響をとどめ、身体をいたわり、しっかり自己管理をしながら、ワーキングマザーライフをスタートさせ充実させていきたいものですね。

女性の30代での転職

一般的に不利であると言われているのが、女性の30代での転職でしょう。さすがに20代の女性の転職に比べたら難しいのが事実かもしれません。男性に比べて敬遠したくなるのは、人材を採用する企業側からしてみれば、30代の女性を迎え入れることにリスクを伴う可能性もあるからでしょう。

企業側が女性の採用を敬遠する理由は、30代の女性は結婚や出産、子育てなどのイベントを控えている可能性があり、すると男性に比べて、仕事を休んだり辞めたりする可能性が高いということになるのです。この30代の女性の転職が不利だと言われる原因はこのようなことが大きいのではないでしょうか。

ですが、キャリアを積んでいる30代の女性が大勢いるともいえるでしょう。30代の女性の転職は無理だと自分で思い込まず、就職活動をするときに自分のキャリアに自信を持つことが、転職成功のポイントだといえます。未経験である職種に転職することになる場合があるのは、今まで経験してきた仕事が合わず転職を希望するというときでしょう。

転職したい30代の女性にとっては、さらに狭き門になる可能性があります。どうしてかというと、男性、女性に関わらず、、企業側が30代に求めるものはゼロからのスタートではなく即戦力として使える能力だからです。ですから、失敗しない転職のためにも自分の求めるものを諦めずに、根気よく探すことが大切ではないでしょうか。中には未経験者可となっている職種も中にはあるからです。
| 転職

主婦に人気の在宅ワーク

年齢層にもよりますが、主婦に人気のある仕事としてあげられるのが在宅ワークです。在宅ワークとは、自宅を拠点として仕事をすることです。在宅ワークでは、SOHOという、会社に行かずともパソコンと通信機器を繋いで自宅で仕事をこなすことができる設備を活用しているようです。

退職理由に結婚を挙げる人は少なくなってきましたが、出産後も勤務可能かというと、また別な問題です。保育所や児童所や託児所など、働きながら子育てをできるような施設の数は毎年増えており働く主婦を助けています。それでも地域によっては、空き待ちのところもあるようです。

それだけでなく、最近の女性は、産まれた子供はしばらくは自身の手で育てたいという考えを持っている人か多いようです。そのため、結婚で仕事は辞めなくとも、出産を契機に退職する人は多いようです。

女性の行う内職というと、何年か前までは小間物を作ったり、封筒に宛名書きをしたり、紙を折り畳んだりという作業がよくあるイメージでした。段ボールをたくさん重ねてひたすら作業をするような内職は現在もありますが、ある程度の場所が必要で、ゴミなども出ることがあります。ゴミも出ないし汚れる心配もなく、場所もパソコンを置く場所があれば可能なのが在宅ワークのとりえです。その上、これまでのキャリアを伸ばした仕事も可能なので、家で仕事をしたい主婦向きの仕事ではないでしょうか。
| 主婦

主婦の仕事と家事

女性にとって、家と会社のバランスは難しい問題です。仕事を持っておらず、母親業だけをしている主婦というのが、アニメ世界では標準的な母親キャラです。パッと思いついたアニメーションの中の主婦を思い出してみてください。仕事を持っていますか。恐らく、大多数の主婦キャラクターは子育てを仕事としているのではないでしょうか。

それがよくある母親像というのなら、そのアニメがいつの時代のものかも関係するかもしれませんが、多くの人が理想とする女性像がそこにいる可能性もあるでしょう。恐らく、家庭の主婦が夫と子どもの面倒を見ることに専念し、家の仕事をする姿は眩しく写るのでしょう。

ですが、現代のように経済的にも社会的にも先行きが不安な時代になってくると、なかなか主婦業だけで生活できるというものばないでしょう。女性の結婚を機に会社を辞める、いわゆる寿退社をする人は減り続けているようです。将来への不安はもちろんかもしれませんが、女性の労働意識が高まり労働能力が認められるようになったことが、背景にあるようです。

専業主婦が主流だった頃は家の事は主婦の仕事とされていましたが、主婦が仕事をするようになってからは家族での分担も珍しくなくなりました。また、家庭用電気製品の機能が高まったり、既製食品が普及されたりしたことで、家事に掛かる時間は随分と短縮できるようになりました。そのため、主婦はますます仕事を持ちやすくなってきたようです。
タグ:主婦 仕事 家事
| 主婦
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。