子育てと仕事を両立させる環境

働く女性にとって大変重要な問題であるといえるのが、子育てと仕事を両立させる環境です。子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければなりません。

ワーキングマザーにとっての子育ては、直接的なものばかりではなく、間接的に愛情を注ぐ場面が多いでしょう。信頼のおける託児所や保育所、子供を預けることのできる家族などを確保できれば安心できますね。とはいえ自分の子どもを家族同然に見守ってくれる人や場所はたくさんあるに越したことはないのです。

こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントではないでしょうか。子育ての方針をしっかりと決めていきつつ、このようなネットワークは母親が積極的に作っていくべきでだと思います。

ワーキングマザーにとって、職場での人間関係が仕事では付き物であり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、精神的なストレス与える大きな要因となります。自分の子育てを通じ、世界が広がったと言う母親もたくさんいます。毎日家庭ないしは仕事中心のだった生活が子供中心となり、日々の新しい出会いを糧に自分自身も大きくなっていきます。

いつの間にか苦手意識のあった様々な人との会話や休日の遠出も楽しみに変化したりもするのです。まずは身近なところからコミュニケーションを図り、少しずつ地域の情報や支援にも枝を伸ばしつつ、子育てと仕事の両立を図っていきましょう。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。