仕事と子育ての両立に向けて

今後の仕事と子育てをうまく両立するために、まずは産後の自分自身の身体を仕事再会に向けて十分に整えていかねばなりません。身体の様々な部分がもとに元に戻ろうとする時期である産後は、ずっと子育てをしていく母親にとってとても重要な時期ではないでしょうか。

産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえます。出産した直後は、出産までに蓄積された心身の疲労がなかなか完全には回復しないものです。

毎日の疲労感も寝不足も、自分自身の子育てに対する責任感や母性が忘れさせてくれるかもしれません。実際には、ホルモンバランスがまだまだ不安定であり、抵抗力も落ち気味です。育児は母乳でと必死になるあまり、仕事復帰後も搾乳器を使うことによって乳腺炎を引き起こすようなこともあります。

妊娠中から出産後のトラブルについての情報を集め、できる対策をとっておいた方が無難です。さらに何か問題が起きてしまったときには、決して一人で抱え込まにすぐに専門家の指示をあおいだ方が、仕事復帰への影響をあまり与えずにすむでしょう。子育てに対する不安もさることながら、まずはこうしてしっかり自分自身の身体を管理していきましょう。

母として子育てをするだけではなく、社会で女性として仕事をする姿は、多くのまわりの女性にとってもまぶしい姿ではないでしょうか。子育てそのものに従事する時間がそれほど多くなくても、仕事をする姿もまた格別の子育てでしょう。子供はその母親の姿をみて育っていくからです。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。