出産後の仕事と子育て

最近では育児休業中の1年間ぐらいは子育てに集中したいけれど仕事を再開しなければならないなど、女性が社会的役割を持つことが増えています。そしてたくさんの女性が、多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰しているのです。

そして子育てに要する将来的な経費に加えて、家計を助けるという理由から、できるだけ早く出産後に新たに仕事に就きたいと思っている女性も多くいます。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえます。

ワーキングマザーを目指すのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておく必要がありますし、様々な備えが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれません。そして女性の体は、出産後も妊娠中と同じように心身に様々な変化が起きるものです。

そのようなことから、産後のきちんとしたケアなしにはトラブルを引き起こすことがあるかもしれません。とくに産後約4〜6週間は子宮や骨盤の戻りは不十分であるといえます。産後のその期間に無理をしてしまうと、辛く思い更年期障害に後々悩むことになるかも知れないのです。

子供と一緒の時間が、仕事はせず子育てに専念する母親と比較して短いのは当たり前のことです。休日が病院まわりや療養に占められてしまっては、子供との時間を失うばかりです。出産まで築きあげてきた信頼や立場、せっかく得られた仕事を長く継続するためにも、最小限に子育てへの影響をとどめ、身体をいたわり、しっかり自己管理をしながら、ワーキングマザーライフをスタートさせ充実させていきたいものですね。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。