女性の30代での転職

一般的に不利であると言われているのが、女性の30代での転職でしょう。さすがに20代の女性の転職に比べたら難しいのが事実かもしれません。男性に比べて敬遠したくなるのは、人材を採用する企業側からしてみれば、30代の女性を迎え入れることにリスクを伴う可能性もあるからでしょう。

企業側が女性の採用を敬遠する理由は、30代の女性は結婚や出産、子育てなどのイベントを控えている可能性があり、すると男性に比べて、仕事を休んだり辞めたりする可能性が高いということになるのです。この30代の女性の転職が不利だと言われる原因はこのようなことが大きいのではないでしょうか。

ですが、キャリアを積んでいる30代の女性が大勢いるともいえるでしょう。30代の女性の転職は無理だと自分で思い込まず、就職活動をするときに自分のキャリアに自信を持つことが、転職成功のポイントだといえます。未経験である職種に転職することになる場合があるのは、今まで経験してきた仕事が合わず転職を希望するというときでしょう。

転職したい30代の女性にとっては、さらに狭き門になる可能性があります。どうしてかというと、男性、女性に関わらず、、企業側が30代に求めるものはゼロからのスタートではなく即戦力として使える能力だからです。ですから、失敗しない転職のためにも自分の求めるものを諦めずに、根気よく探すことが大切ではないでしょうか。中には未経験者可となっている職種も中にはあるからです。
| 転職

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。