主婦の仕事と家事

女性にとって、家と会社のバランスは難しい問題です。仕事を持っておらず、母親業だけをしている主婦というのが、アニメ世界では標準的な母親キャラです。パッと思いついたアニメーションの中の主婦を思い出してみてください。仕事を持っていますか。恐らく、大多数の主婦キャラクターは子育てを仕事としているのではないでしょうか。

それがよくある母親像というのなら、そのアニメがいつの時代のものかも関係するかもしれませんが、多くの人が理想とする女性像がそこにいる可能性もあるでしょう。恐らく、家庭の主婦が夫と子どもの面倒を見ることに専念し、家の仕事をする姿は眩しく写るのでしょう。

ですが、現代のように経済的にも社会的にも先行きが不安な時代になってくると、なかなか主婦業だけで生活できるというものばないでしょう。女性の結婚を機に会社を辞める、いわゆる寿退社をする人は減り続けているようです。将来への不安はもちろんかもしれませんが、女性の労働意識が高まり労働能力が認められるようになったことが、背景にあるようです。

専業主婦が主流だった頃は家の事は主婦の仕事とされていましたが、主婦が仕事をするようになってからは家族での分担も珍しくなくなりました。また、家庭用電気製品の機能が高まったり、既製食品が普及されたりしたことで、家事に掛かる時間は随分と短縮できるようになりました。そのため、主婦はますます仕事を持ちやすくなってきたようです。
タグ:主婦 仕事 家事
| 主婦

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。