在宅の仕事の注意点

在宅の仕事が、最近どんどん増えていますが、注意点もあります。この在宅の仕事にSOHOという関連した言葉がありますが、テレワークというものはこれらを総称する言葉です。在宅の仕事に関する相談事例を、国民生活センターのサイトで見ることができるようです。これから在宅の仕事を始めようと思っている人には非常に参考になるといえます。

個人では営業ノウハウが無いので、その代わりに企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社があり、それを利用する人も増加しています。在宅の仕事を紹介してくれる会社を利用する際に注意しなくてはいけないのが、最初に高額な費用が必要な場合です。

最初に何十万円もするパソコン機器を購入させた後で、先に受けた説明とは違うようなことがあったりします。現実には在宅の仕事の紹介をまったくしないという場合もあるので気をつけなければなりません。

厚生労働省では在宅の仕事を安心して行う事が出来る様に、トラブルを未然に防止する為に行っていることがあります。企業が在宅の仕事の契約を結ぶ場合に守るべき最低限のルールとして、策定されているのが、在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインというものです。

在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為に、在宅ワークの契約様式の参考例もガイドラインにはあるので、あらかじめ確認しておきましょう。在宅ワーカーの方から発注事業所へ最低限必要なこととして、契約書の交付を求めることも大切です。

在宅の仕事について

在宅の仕事とはどの様なものでしょうか。在宅の仕事に関連した言葉にSOHOがありますが、これらを総称するのがテレワークという言葉です。テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。

まずは雇用関係のある仕事についてですが、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務などがあげられます。

個人的に自宅で行う在宅ワーク、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態があり、これが企業に属さず、請負的に仕事を行うもので、雇用関係のない仕事といわれるものです。在宅の仕事の始め方にはいろいろな方法があります。知人友人を介して宣伝してもらうのも効果的なので、まず何の仕事が出来るかというPRチラシを作成して以前の勤務先に宣伝しましょう。

宣伝するために、ダイレクトメールやポスティングを企業にするというやり方もあり得ます。さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。在宅で出来る仕事情報に敏感になる事で、報酬相場をつかむ事も出来ます。さらにインターネットを利用してホームページでPRしたり、在宅の仕事向けのメーリングリストに登録する事も出来ますし、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみる方法もあります。

子育てと仕事を両立させる環境

働く女性にとって大変重要な問題であるといえるのが、子育てと仕事を両立させる環境です。子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければなりません。

ワーキングマザーにとっての子育ては、直接的なものばかりではなく、間接的に愛情を注ぐ場面が多いでしょう。信頼のおける託児所や保育所、子供を預けることのできる家族などを確保できれば安心できますね。とはいえ自分の子どもを家族同然に見守ってくれる人や場所はたくさんあるに越したことはないのです。

こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントではないでしょうか。子育ての方針をしっかりと決めていきつつ、このようなネットワークは母親が積極的に作っていくべきでだと思います。

ワーキングマザーにとって、職場での人間関係が仕事では付き物であり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、精神的なストレス与える大きな要因となります。自分の子育てを通じ、世界が広がったと言う母親もたくさんいます。毎日家庭ないしは仕事中心のだった生活が子供中心となり、日々の新しい出会いを糧に自分自身も大きくなっていきます。

いつの間にか苦手意識のあった様々な人との会話や休日の遠出も楽しみに変化したりもするのです。まずは身近なところからコミュニケーションを図り、少しずつ地域の情報や支援にも枝を伸ばしつつ、子育てと仕事の両立を図っていきましょう。

仕事と子育ての両立に向けて

今後の仕事と子育てをうまく両立するために、まずは産後の自分自身の身体を仕事再会に向けて十分に整えていかねばなりません。身体の様々な部分がもとに元に戻ろうとする時期である産後は、ずっと子育てをしていく母親にとってとても重要な時期ではないでしょうか。

産後の身体回復をよりスムーズに促すためには、育児休暇を取得せず仕事に復帰をすることを決めているならもちろん、出産した後最低3週間は赤ちゃんと一緒に寝て過ごす生活を選んだ方が良いといえます。出産した直後は、出産までに蓄積された心身の疲労がなかなか完全には回復しないものです。

毎日の疲労感も寝不足も、自分自身の子育てに対する責任感や母性が忘れさせてくれるかもしれません。実際には、ホルモンバランスがまだまだ不安定であり、抵抗力も落ち気味です。育児は母乳でと必死になるあまり、仕事復帰後も搾乳器を使うことによって乳腺炎を引き起こすようなこともあります。

妊娠中から出産後のトラブルについての情報を集め、できる対策をとっておいた方が無難です。さらに何か問題が起きてしまったときには、決して一人で抱え込まにすぐに専門家の指示をあおいだ方が、仕事復帰への影響をあまり与えずにすむでしょう。子育てに対する不安もさることながら、まずはこうしてしっかり自分自身の身体を管理していきましょう。

母として子育てをするだけではなく、社会で女性として仕事をする姿は、多くのまわりの女性にとってもまぶしい姿ではないでしょうか。子育てそのものに従事する時間がそれほど多くなくても、仕事をする姿もまた格別の子育てでしょう。子供はその母親の姿をみて育っていくからです。

出産後の仕事と子育て

最近では育児休業中の1年間ぐらいは子育てに集中したいけれど仕事を再開しなければならないなど、女性が社会的役割を持つことが増えています。そしてたくさんの女性が、多くの負担を抱えながらも産後間もなく仕事復帰しているのです。

そして子育てに要する将来的な経費に加えて、家計を助けるという理由から、できるだけ早く出産後に新たに仕事に就きたいと思っている女性も多くいます。今はまだ出産後の女性が早々と仕事に就くための制度としての子育て支援や、保育園や託児所などの環境は十分ではないといえます。

ワーキングマザーを目指すのであれば、妊娠中からその覚悟を決めておく必要がありますし、様々な備えが出産後の子育てと仕事復帰の不安を軽減してくれるかもしれません。そして女性の体は、出産後も妊娠中と同じように心身に様々な変化が起きるものです。

そのようなことから、産後のきちんとしたケアなしにはトラブルを引き起こすことがあるかもしれません。とくに産後約4〜6週間は子宮や骨盤の戻りは不十分であるといえます。産後のその期間に無理をしてしまうと、辛く思い更年期障害に後々悩むことになるかも知れないのです。

子供と一緒の時間が、仕事はせず子育てに専念する母親と比較して短いのは当たり前のことです。休日が病院まわりや療養に占められてしまっては、子供との時間を失うばかりです。出産まで築きあげてきた信頼や立場、せっかく得られた仕事を長く継続するためにも、最小限に子育てへの影響をとどめ、身体をいたわり、しっかり自己管理をしながら、ワーキングマザーライフをスタートさせ充実させていきたいものですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。