女性の仕事を応援します♪

男性の労働総数は減少傾向にありますが、女性の労働総数はここ数年ずっと増加しています。夫婦共働きが珍しくなくなり、子育てをしながら仕事をする女性が増加したこともあるでしょう。婚姻や子育てのために退職するという女性は少なくありませんが、

しかし、一度仕事を辞めてしまうと、再び時間ができた時に再度働くことは意外と難しいようです。女性の仕事と家庭の両立が難しかった理由としては、自分の体力が持たなかったという回答が半数以上を占めています。

もしも女性にとって働きやすい状況を整えることができるならば、働く女性の数がぐっと増えて経済も活発になっていくことでしょう。企業をする年齢は、女性の場合は30代半ばが最も多いようです。男性の企業は55歳以上が多い傾向がありますが、女性の企業は年齢が上がるにつれ減っていきます。

新たな事業を興す女性は、育児に正面から取り組んでいるという人が多いようです。子どもは育てたい、仕事は続けたい、という悩みを抱えている人が多いことが特長です。もしも、失業中だけれど働く意志がある人と、睡眠時間を削ってまで無理をして働き続けている人との仕事を平均化することが可能なら、もっと働きやすい環境となり、仕事市場も向上するでしょう。

スポンサードリンク

女性に人気の医療事務の求人

近ごろ、医療事務の求人を見かけることがよくあります。働く女性の注目の的となっている医療事務とはどんな職業なのでしょうか。そもそも医療事務の魅力は、性別や年齢に左右されず、その専門性を生かして自分に合った就業形態を選べる点にあります。

求人情報も、医療事務の場合は様々な種類があり、例えば午前中だけのパート勤務も受付業務限定であれば可能ですし、短期の臨時職員という求人募集も、レセプト業務のみを視野に入れれば無いことはありません。女性は出産や育児を機に休業せざるを得ないことが多いと思いますので、医療事務はまさに打って付けの職業の1つでしょう。

そして旦那さんの急な転勤なども既婚の女性であればあり得ますが、そのような場合の転職にも医療事務の資格は大変有利です。日本全国どんなところでも、医療事務の求人はかなりあるようです。女性の求人に関して、医療事務は女性向きの職業であるといえますし、一生使える資格だといえるかもしれません。

業務内容は医療事務の場合どんなものかというと、受付ならば外来患者の応対やカルテの管理、会計処理が中心です。一方、医療事務のレセプト業務ならば、診療報酬の計算及びレセプト書類の作成、審査支払機関への請求が大まかな任務です。

医療事務の仕事といっても勤務先の病院によっては仕事内容が異なる場合もありますので、事前の確認が大切です。きちんと求人情報をチェックしたり、面接を実際に受けるときには具体的に聞いてみると良いでしょう。

女性が働きやすい求人企業

労働力が少子高齢化が進むなかで減少傾向にある現在では、女性の求人を募集する企業はとても多くなってきています。いままでは、人事担当者の意識として女性は事務職であるというものが主でしたが、それが変わってきて女性の雇用が考え直されているといいます。

最近求人情報誌を広げると気がつくのは、管理職や営業職の女性需要が増えてきているということです。たくさんある求人情報の中から女性が働きやすい企業の求人情報を見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。まずは、募集をしている求人会社内で働く女性が稀有な存在として扱われていないか調べてみましょう。

先輩社員のメッセージ等を、求人企業のWEBページなどで読んでみるのもひとつの方法です。実際に求人企業に訪れてみることに超したことはありませんが、案外、写真や文章からも企業カラーは伝わってくるものです。さらに働く女性の為のサポート制度も重要なポイントです。制度として出産や育児中に有効なものがあるかどうかに加えて、それらの女性向けの制度の活用状況についてもきっちりと調査しておきましょう。

あらかじめ求人情報には載っていなかった点が、採用された後に問題とならぬ様に充分考えるようにしましょう。女性を対象とした制度については、そのことを調べるだけではなく、制度を利用しない人への待遇についても留意しておきましょう。制度上出産や育児をする女性だけが優遇されている場合、一方的に制度を利用しない人達が大変な思いをするという事もあるでしょう。

女性が働きやすい求人企業かどうかを判断する対象として、女性を対象とした制度利用による職場の雰囲気も重要ではないでしょうか。
タグ:女性 求人 企業

在宅の仕事の注意点

在宅の仕事が、最近どんどん増えていますが、注意点もあります。この在宅の仕事にSOHOという関連した言葉がありますが、テレワークというものはこれらを総称する言葉です。在宅の仕事に関する相談事例を、国民生活センターのサイトで見ることができるようです。これから在宅の仕事を始めようと思っている人には非常に参考になるといえます。

個人では営業ノウハウが無いので、その代わりに企業と在宅ワーカーの橋渡しになってくれる在宅の仕事向けの紹介会社があり、それを利用する人も増加しています。在宅の仕事を紹介してくれる会社を利用する際に注意しなくてはいけないのが、最初に高額な費用が必要な場合です。

最初に何十万円もするパソコン機器を購入させた後で、先に受けた説明とは違うようなことがあったりします。現実には在宅の仕事の紹介をまったくしないという場合もあるので気をつけなければなりません。

厚生労働省では在宅の仕事を安心して行う事が出来る様に、トラブルを未然に防止する為に行っていることがあります。企業が在宅の仕事の契約を結ぶ場合に守るべき最低限のルールとして、策定されているのが、在宅ワークの適正な実施の為のガイドラインというものです。

在宅の仕事の契約条件の明示及びその適正化の為に、在宅ワークの契約様式の参考例もガイドラインにはあるので、あらかじめ確認しておきましょう。在宅ワーカーの方から発注事業所へ最低限必要なこととして、契約書の交付を求めることも大切です。

在宅の仕事について

在宅の仕事とはどの様なものでしょうか。在宅の仕事に関連した言葉にSOHOがありますが、これらを総称するのがテレワークという言葉です。テレワークとは離れて仕事をする、働くを合わせて造られた言葉で、情報通信技術を活用し、在宅で仕事をする働き方を指します。在宅の仕事には様々な形態があり、まず雇用関係のあるもの、無いものの2つに大きく分けられます。

まずは雇用関係のある仕事についてですが、携帯電話や携帯端末を活用して直行直帰型のモバイルワークと呼ばれる仕事、会社員が自宅で働く形態の在宅勤務や、通勤時間の短縮等の為、自宅に比較的近い場所に、情報通信機器等を備えたサテライトオフィスに通勤する形態のサテライトオフィス勤務などがあげられます。

個人的に自宅で行う在宅ワーク、個人または少人数で自宅や小さなオフィスで事業を行うSOHOと呼ばれる仕事の形態があり、これが企業に属さず、請負的に仕事を行うもので、雇用関係のない仕事といわれるものです。在宅の仕事の始め方にはいろいろな方法があります。知人友人を介して宣伝してもらうのも効果的なので、まず何の仕事が出来るかというPRチラシを作成して以前の勤務先に宣伝しましょう。

宣伝するために、ダイレクトメールやポスティングを企業にするというやり方もあり得ます。さらに求人サイトや求人雑誌によっても、在宅でもできる仕事情報を探すことができるでしょう。在宅で出来る仕事情報に敏感になる事で、報酬相場をつかむ事も出来ます。さらにインターネットを利用してホームページでPRしたり、在宅の仕事向けのメーリングリストに登録する事も出来ますし、在宅の仕事の募集をしている企業にEメールを送ってみる方法もあります。

子育てと仕事を両立させる環境

働く女性にとって大変重要な問題であるといえるのが、子育てと仕事を両立させる環境です。子供に母親と常に一緒に過ごすのと同じような環境を準備し、子供を守っていかなければならないし、仕事からどうしても手を離せない時や重要な会議がある時に子供が熱を出したらどうするべきかなどの日々起こりうる緊急時の対策をとっていかなければなりません。

ワーキングマザーにとっての子育ては、直接的なものばかりではなく、間接的に愛情を注ぐ場面が多いでしょう。信頼のおける託児所や保育所、子供を預けることのできる家族などを確保できれば安心できますね。とはいえ自分の子どもを家族同然に見守ってくれる人や場所はたくさんあるに越したことはないのです。

こういったネットワークを少しずつ広げていくことは、夫婦共働きであっても、シングルマザーの子育てであっても、子育てと仕事を両立していくという意味で大切なポイントではないでしょうか。子育ての方針をしっかりと決めていきつつ、このようなネットワークは母親が積極的に作っていくべきでだと思います。

ワーキングマザーにとって、職場での人間関係が仕事では付き物であり、子育てでは子供を中心とした人間関係があり、精神的なストレス与える大きな要因となります。自分の子育てを通じ、世界が広がったと言う母親もたくさんいます。毎日家庭ないしは仕事中心のだった生活が子供中心となり、日々の新しい出会いを糧に自分自身も大きくなっていきます。

いつの間にか苦手意識のあった様々な人との会話や休日の遠出も楽しみに変化したりもするのです。まずは身近なところからコミュニケーションを図り、少しずつ地域の情報や支援にも枝を伸ばしつつ、子育てと仕事の両立を図っていきましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。